LUMIX DMC-GM1K 

PowerShot S100から、必要に迫られLUMIX DMC-GM1K に乗り換え。
数回撮影した雑感は「難しい」...かな^^;;

今日は近所の公園でカワセミ撮影。
目視20m弱。
32mmで撮影したので✕2倍✕30倍→1920mm(35mm換算)
F5.6、SS1/10sec

今まで1920mmで撮影することは殆どなく感覚的には1500mm位まで、今回は若鳥がマッタリしていたのでテストを兼ねてT端撮影。
結果は全てごみ箱行きでした^^;;

①被写体ぶれが酷い
②液晶での確認時はまぁまぁでしたが、やはりドアンダー
③ノイズが気になる

今までは動かない被写体だったら、SS1/10sec/ISO80で撮影していた。
今日のカワセミを見ている限り、ISO200では厳しい感じ。
1500mm(25mm)程度で、明るさとSSを稼ぐべきだったのかな。
それかISOを倍以上にすべきだったのかな。
ここ一番の撮影で成果がこれでは凹みます^^;;

次回は何が被写体かわからないけど、1500mm(25mm)以下でISOと露出を意識して撮影してみます。
GM1を使っている人は周りに多いので、次回フィールドで聞いてみようと思います。
お会いしたGM使いの方、よろしくお願いしますm(_)m

カワセミはごみ箱から拾い直してトリミング&レタッチしたものです^^;;

P1270200.jpg
SWAROVSKI STM80HD + 30xSW + LUMIX DMC-GM1K 1920mm/ss1/10sec/F5.6/-0.7ev/ISO200
スポンサーサイト
[ 2016/07/24 21:08 ] カメラ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する